火災保険とは?知っておけばいざという時得をする

火災保険って何?火災以外にも補償される!

火災保険とゆう名前なので、火事が起こった時に補償される保険だと思っている方も多いと思います、しかし火災保険は火災以外にも様々な時に補償をしてくれます。例えば落雷や水漏れ、雪災、盗難などさまざまです。住宅ローンを支払う時や賃貸を契約する時に契約書の中に火災保険がセットになっている場合がほとんどです。火災保険は住宅用と事業者向けで保険料や補償内容や料金が異なるので自分に合った保険選びをする必要があります。

賢い保険選びで節約になる!

火災保険料は保険会社によって保険料が1.5倍も差が出てくる場合があります。火災保険の中には水災補償などがセットになっている場合が多いですが、もしこれから住む地域の水災リスクが低い場合は水災補償を外して費用を抑えるということも可能です。また、保険会社を選ぶ場合一つだけみるのではなくインターネットを使って様々な保険会社に一括で見積もりを出してもらうことで保険料を比較することができます。自分に合った保険を見つけるためには住んでいる地域の特徴を知り自分に必要な補償を考えてみましょう。

知らなかったでは済まない!?火災保険の落とし穴

火災保険を高くかければその分多く支払われると思っている方も多いと思いますが、実はそうでない場合もあります。例えば地震などで火災が起こってしまい家が全焼したとしても地震で起きた火災は地震保険の適用範囲なので補償外になってしまいます。また、全損でなければ補償額が全額支払われることはありませんので注意しましょう。火災保険の補償額には限度額があるのでどの程度の補償が必要なのか保険会社と相談しながら決めると良いでしょう。

火災保険は火災だけの補償だけではありません。風災、落災、水災など自然災害や、水漏れ、盗難、爆発など様々な補償ができます。