ファンド投資におけるメリットとリスクとは?

ハイイールド債券投資ファンドの場合

投資をするにあたって、どのファンドを選べばよいのかということを考える場合には、その投資のリスクとメリットというものを勘案しなければなりません。例えば、ハイイールド債を外国通貨で運用しているファンドについて考えてみましょう。このファンドには、どのようなメリットがあるでしょうか。まず、ハイ・イールド債券に投資をすることにより、比較的高い利回りを確保することができるようになるというメリットが考えられます。

外国通貨での運用によるメリット

次に、外国通貨で運用をすることにより、外国の高い金利収入を得ることができるというメリットがあります。例えば、ブラジル・レアルで運用をすれば、年率10パーセントを超える金利収入を稼ぐことができますし、トルコ・リラで運用をすれば、年率8パーセントを超える金利収入を稼ぐことができるわけです。最後に、為替相場の変動によって利益を得ることができるというメリットもあります。すなわち、円安になれば、円建ての債券価格は高くなるわけです。

為替変動によるリスク

それでは、リスクのほうはどうかと言いますと、今まで述べてきたメリットはリスクにもなると言えるわけなのです。その中でも、一番リスクの高いものは、為替変動であると言えるでしょう。すなわち、円高になれば円で受け取る債券価格は下落してしまうことになります。ですから、もしもそのマイナス幅が非常に大きなものとなってしまった場合には、ハイ・イールド債の利回りが確保できていて、外国通貨での運用による利息が高かったとしても、トータルでマイナスとなってしまうこともあり得るのです。

投資とファンドとは何かというと、投資は株や債券等を買って、お金を相場の上昇や利子によって増やすことで、ファンドは投資家からお金を集めて様々な株や債券などを買い、利益を投資家に分配するものです。